H1タグは題名にあたる部分です。

H1タグは、見出し要素のトップレベルに位置するものです。このH1ダクが入っているHTMLファイルと、そうでないファイルが検索対象となった場合、H1タグが入っているものの方が 高評価になるようです。

H2タグは部にあたる部分です。

それ以下にもレベル3・4と続いていきますが、現段階では3・4はあまり評価対象にならないことが、分かってきました。その他に

などが、内部要素として総評されます。